コトパワは名言・格言・座右の銘・ことわざ・四字熟語などを集めた言葉のデータベース。現在10,810件の言葉を掲載

七歩之才

七歩之才

[よみ]

しちほのさい

[意味]

文才に恵まれていること。

[表記]

七歩歩く間に詩を作る才能がある意から。

[語源]

中国三国時代、魏の文帝曹丕が弟である曹植の文才を妬み、七歩歩く間に詩を作らねば死罪にすると命じたところ、「まめがらは釜の下にあって燃え、豆は釜中にあって泣く、本これ同根より生ず」という詩を詠んだという故事から。

[出典]

『世説新語』文学

[類語]

煮豆燃萁

カテゴリ:知恵・知識

キーワード: 数・単位