コトパワは名言・格言・座右の銘・ことわざ・四字熟語などを集めた言葉のデータベース。現在10,810件の言葉を掲載

禹惜寸陰

禹惜寸陰

[よみ]

うせきすんいん

[意味]

わずかな時間をも大切にすること。

[表記]

「禹」は夏朝の創始者で古代中国の伝説的な帝の禹王のこと。
「寸陰」はわずかな時間のこと。

[書き下し文]

禹寸陰を惜しむ

[語源]

古代中国の禹が、治水事業のためにわずかな時間も惜しんで仕事に精を出してつとめたという故事から。

[出典]

『晋書』陶侃

カテゴリ:時間

キーワード: 人物