コトパワは名言・格言・座右の銘・ことわざ・四字熟語などを集めた言葉のデータベース。現在10,825件の言葉を掲載

コトパワ

i-mobile
士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待すべし

士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待すべし


[よみ]
しわかれてみっかなれば、すなわちさらにかつもくしてあいたいすべし
[意味]
努力をしている者は三日もすれば大きく成長しているので、次に会うときには注意して見なければいけないということ。

[注釈]
「刮目」は目をこすってよく見ること。
日本では「男子三日会わざれば刮目して見よ」という形に変化して使われている。

[出典]
三国志『呉書』呂蒙伝
[翻訳]
士別三日、即更刮目相待
カテゴリ:
キーワード: 数・単位 / 人物 / 身体・器官 / 
地域区分:中国の諺

ランダム表示



ことわざTOPへ
コトパワTOPへ

(c)2011-2020 コトパワ