コトパワは名言・格言・座右の銘・ことわざ・四字熟語などを集めた言葉のデータベース。現在10,810件の言葉を掲載

ジョゼフ・アディソンの名言

ジョゼフ・アディソン

Joseph Addison

ジョゼフ・アディソン

イギリスのエッセイスト、詩人、劇作家、政治家、文学者

1672年~1719年

職業タグ:小説家

偉人の墓を見る時、あらゆる嫉妬の感情は私の中で消える。
美しい碑文を読む時、あらゆる不相応な欲望はなくなる。
墓石の上の両親の悲しみに会う時、 私の心は同情と共に開かれる。
その両親自身の墓を見る時、 私達がすぐに後を追わなければならない人々を悲しむ虚しさを思う。
彼らを引き下ろした人によって横たわる王に会う時、並んで葬られた宿敵同士の才人達や、論争論議と共に世界を二分した聖人達を思う時、人類の些細な争い、 党争、 討議のことを後悔と驚きとともに思案する。
昨日死んだ人、 600年前の人、 墓のいくつかの日付を読む時、我々の全員が同時代であり、出現を共にした偉大な日を思う。

[原文]

When I look upon the tombs of the great, every emotion of envy dies in me;
when I read the epitaphs of the beautiful, every inordinate desire goes out;
when I meet with the grief of parents upon a tombstone, my heart melts with compassion;
when I see the tomb of the parents themselves, I consider the vanity of grieving for those whom we must quickly follow: when I see kings lying by those who deposed them, when I consider rival wits placed side by side, or the holy men that divided the world with their contests and disputes, I reflect with sorrow and astonishment on the little competitions, factions, and debates of mankind.
When I read the several dates of the tombs, of some that died yesterday, and some six hundred years ago, I consider that great Day when we shall all of us be Contemporaries, and make our appearance together.

『houghts in Westminster Abbey』より

カテゴリ:心・感情