コトパワは名言・格言・座右の銘・ことわざ・四字熟語などを集めた言葉のデータベース。現在10,856件の言葉を掲載

コトパワ

i-mobile
月性の名言

月性

げっしょう
月性
幕末期の尊皇攘夷派の僧
1817年~1858年
職業タグ:宗教家・神学者

男子志を立てて郷関を出づ。
学若し成らずんば死すとも帰らず。
骨を埋むるあに墳墓の地を期せん。
人間いたる所青山にあり。


[補足]
男子が志を立てて故郷を旅立つからには、目的を達成しない限り、二度と故郷の地を踏むことはできない。
死んで骨を埋めるのに墓が必要だろうか。
いたるところに青く美しい山々があるのに、という意味。
『將東遊題壁』より
カテゴリ:男女

月性の名言一覧を見る

ランダム表示



名言TOPへ
コトパワTOPへ

(c)2011-2022 コトパワ