コトパワは名言・格言・座右の銘・ことわざ・四字熟語などを集めた言葉のデータベース。現在10,825件の言葉を掲載

喉元過ぎれば熱さを忘れる

喉元過ぎれば熱さを忘れる

[よみ]

のどもとすぎればあつさをわすれる

[意味]

・煩悶するほどの苦痛、苦労、激痛も、それが過ぎてしまえばその痛みや苦しみをすっかり忘れてしまう。
・苦境の時に恩を受けた恩人のことを、苦境が過ぎると忘れてしまう。

Wikiquote』より

カテゴリ:時間

キーワード: 身体・器官

地域区分:日本の諺

現在の掲載数

ことわざ数
2,714件

ランダム表示

五十音索引

モバイルサイト

スマートフォン、フィーチャーフォンからも閲覧できます

QRコード

http://kotopawa.com/